生前贈与をする為のお助けサイト

>

思わぬ税負担

生前贈与が確実で効率的な理由

生前贈与が確実で効率的な理由のポイントは、基礎控除です。
基礎控除は動いた資産のうち、この額までは税をかけないという税制上のルールです。
相続では数千万円規模で基礎控除がなされます。
税がかかるのは一度だけなので基礎控除を受けられるのも一度きりです。
贈与の基礎控除は一律110万円です。
相続税に比べるとかなり定額ですが、基礎控除を何度も使えるので大きなメリットです。
税の処理は資産が動いた年度のうちに済ませるというルールがある為です。
つまり1年分の贈与額を110万円の基礎控除額にすれば何年でも実質無税で贈与が可能です。
贈与する人数分の基礎控除を使うことも可能です。
このルールをうまく活用していけば、税負担がなく資産を継承可能です。

基礎控除の算定方法

相続税対策として生前贈与を考える場合、どのくらいの税金がかかるか気になるところだと思います。
相続資産が相続税の基礎控除内におさまる場合は、税金対策は不要です。
ただし相続税の基礎控除は法定相続人数で変わり、3000万+(600万×法廷相続人数)です。
例えば法廷相続人が2人の場合、基礎控除は4200万となります。
法廷相続人が3人の場合、基礎控除は4800万となり、法定相続人数で変わりますので注意が必要となります。
また、贈与税は、1年ごとに110万円と決まっています。
基礎控除を差し引いた残りが課税対象です。
贈与税納税額は贈与額から簡単に計算可能です。
一方、相続税は複雑で相続税の総額を計算する必要があります。
相続する資産から基礎控除を引き、法廷相続人が法廷相続分ずつ相続しそれぞれの税額を出し、その税額が合計したものが相続税の総額になります。


この記事をシェアする