生前贈与をする為のお助けサイト

>

名義変更した預金

相続する人の為に相続資産を守る目的も

相続する人の為に相続資産を守る目的もありますが、相続税逃れの贈与に歯止めをかける目的があります。
相続税対策として生前贈与を使う場合は、可能な限り110万円におさめて回数を多くする必要があります。
贈与税で基礎控除のメリットを多く受ける為には、早期から実施する事が大切です。
贈与はお互いが合意さえすれば契約が成立します。
つまり贈与する側が贈るという意志を示し、される側が了承する意思を示す必要が有るのです。
親が子供に内緒にしていた資産に関しては、贈与とは認められないのです。
贈与の履行の有無を証明するために、税務署は通帳や印鑑を誰が管理していたか調査します。
贈与税は資産を受け取る側が納める必要があります。
贈与される側に良かれと思ったのに、負担になるケースがあります。

贈与税は贈与された資産の総額にかかる

資産を贈った回数や贈った人ごとに基礎控除の基礎控除の枠が設けられるわけではないのです。
贈与資産は現金はもちろん不動産など換金価値がある資産全てが対象です。
1年間で贈与された金額が110万円を上回った場合、贈与税の申告が必要です。
贈与税はあくまで自己申告制です。
基礎控除を超える贈与を受けて未申告だった場合、加算税や最大40%の重加算税と延滞税がかかります。
贈与税の未申告の時効は6年ですが、きちんとした契約書などが証拠です。
贈与税は贈与を受けたものに対してかかりますが、例外もあります。
生活費、教育費に関しては贈与税はかからないのです。
ただし無税で継承可能な金額は、その時点で必要なだけになります。
受け取った金額がすぐに使えないくらい多かった場合、贈与税の対象になります。


この記事をシェアする