生前贈与をする為のお助けサイト

>

相続は一度きり

資産を安く譲られた場合、相場との差額

資産を安く譲られた場合、相場との差額はただで得したと受け取られ贈与とみなされます。
相続発生から3年以内に贈与された資産は相続資産となり、贈与とはなりませんので注意が必要です。
相続直前の相続税逃れを防ぐ措置です。
相続時にもめない為には、寄付と特別受益の事を知る必要があります。
特別受益とは、結婚や養子縁組などの資金や独立後の生活資金として渡されたものです。
特別受益は相続資産になります。
たくさん贈与を受けていた場合、遺産の分け前を少なくされる可能性があります。
ただ、相続人が遺産分割に不満を持たない場合、特別受益を持つ出す必要は有りません。
贈与を特別受益としてみなすかは相続人との話し合いになります。
ポイントは遺産の前渡しになるかどうかです。

相続税が払えないと

相続税が払えないと延滞に利子が付きます。
相続するにも準備が必要です。
相続税の納税義務がいきなり発生する事もありますが、4つの要件がそろえば相続税を年賦で納付する事が可能です。
相続税が10万以上である事と金銭で納付する事が困難である事、延納額と利子額に相当する担保がある事、延納申請にかかる相続税の納期限や納付日までに延納申請書に担保提供関連書類を添えて税務署長に提出する事です。
延納では利子を払う必要があります。
かなり高い税になります。
銀行などで低い利率で借り入れ可能であれば、銀行で相続税を払うことも賢明です。
延納の申請をせずに相続税を延納期限までに納付出来なかった場合は、延納税が課税されます。
制限贈与で計画的に資産の継承をする事をおススメ致します。
以上が生前贈与をする利点などです。


この記事をシェアする